四万温泉に行ってきた♪~積善館 夕食編~

※前回の記事はこちら→四万温泉に行ってきた♪~旅館お部屋編~

宿泊当日の夕食は、お部屋食でした!コース料理みたく、順番に運んでくれました。なので出てきた順番にご紹介しますね!

お献立

この日の夕食メニューがこちら。

メニュー名だけでは想像つかないお料理がたくさん!

食前酒~箸染~前菜

もうはじめから完成度が高そうなお料理が出てきました(笑)エビちゃんがトンボみたく造られているのも、かわいいですよね!右下にあるのが、食前酒です。

椀盛

伊勢海老の真蒸。写真からもわかる通り、美味しかったです。ちなみに上に乗っかっているのが、、

「積善館」と文字が彫られた扇昆布!シャレオツですw

造里

お刺身ですね。右下にある「泡醤油」でいただきます。どのお刺身もとろける感じで美味しい!日本酒とかに合うのではないでしょうか。

蓋物

赤ムツ、魚だけど魚じゃないような美味しさ、餡とよく絡んでペロッといただいちゃいました。

合肴

秋秋刀魚の酢漬けのような感じでした。わたし、普段は青魚は臭くて苦手なのですが、この秋刀魚は全然臭くなく、これまたペロッと食べちゃいました!骨も全然なくて(恐らく骨抜きとかされている)魚嫌いの人でも抵抗なく食べられると思います。

焼物

「原木椎茸」、初めて食べたかもしれません。大きくて食べごたえはありますが、一般的な椎茸にはないような旨味。何個でも食べれてしまいそうです。

強肴~止め椀~香の物

最後のお料理。ご飯とお味噌汁も一緒に出てきました(ご飯類はもう少し先に出てきてほしかったですが、このタイミングで出てくるということは、それぞれの料理の味を楽しむため、といったら理解できるかもしれません。ご飯出てきたら、どうしてもご飯と一緒に食べちゃうもん)。

赤城豚の重ね蒸しということで、野菜とお肉が交互に挟まっていました。最後はシンプルに、ということなのか、味もそんなに濃くなく、味噌汁と香の物と一緒に食べるとちょうどよかったです。

味噌汁は僕が好きな赤出汁!

水物

最後にデザート。デザートは食べ終わった後の好きなタイミングで、フロントに電話をすると持ってきてくれました。

季節の果物は、「柿」と「ぶどう」と「いちじく」。どれも甘く柔らかく♪おしるこは、牛乳やチーズなどを混ぜ合わせて造られているとのこと、こういうおしるこ初めて!とっても美味しかったし、落ち着くお味でした☆(レシピ盗んで家で造りたいくらいw)

満足満足!

全体的に量が多いわけではありませんが、コース料理のような、料理と料理の間に時間ができるので、食べ終わった頃には満腹に!お腹も心も満たされました♪

 

Twitter でカズクリック!をフォローしよう!

この記事は書かれてから日数が経っており、情報が古い可能性があります。